リレー・エッセー「ナウ・レッツ・ビギン」

Now, let's begin!

仁生会の幹部が毎月リレー投稿しているエッセーです。

ナウ・レッツ・ビギン一覧

喫煙者は不採用になる時代がきています!(№346)

 受動喫煙対策を徹底する改正健康増進法が昨年7月に成立しました。これにより国や都道府県などが、受動喫煙防止の周知、啓発をはじめ、今年の7月1日から学校や病院、行政機関などの敷地内が全面禁煙になります。厚生労働省の基本的な考え方は、受動喫煙による健康被害が大きい子供、患者などに特に配慮した、「望まない受動喫煙」をなくすというものです。
 「望まない受動喫煙」をなくすだけでは手ぬるいと考えた大学が現れました。これからの内容はネット記事からの引用です。長崎大学は、禁煙対策の強化として、教職員の就業時間内の喫煙を禁止すると共に、今後の新規採用にあたり喫煙者を採用しない方針を示しました。教職員がタバコを吸って自分の健康を害するだけでなく、学生はやはり教員の背中を見ていて、教育の場としては、喫煙者は相応しくないと結論付けました。こうした基準を設置するのは、国立大学としては全国初の試みだそうです。この方針にはやはり賛否両論が沸き起こりました。「差別だ。人権侵害だ」という批判の声が上がる一方、「タバコは嗜好ではなく依存症を引き起こす」、「医療従事者を養成する大学として当然」という賛同の声も寄せられました。
 「タバコを吸う、吸わないは個人の嗜好であり、大学が踏み込む問題ではない」という反論に対して憲法の立場からある弁護士が語っていました。「喫煙権」は人権なのか。受動喫煙の問題と同時に、タバコを吸った後も30~45分間は喫煙者の息から有害物質が吐き出されることや、服やカーテンなどに残ったタバコ残留物から有害物質を吸い込んでしまう「三次喫煙」の問題も指摘されています。それが原因で喘息発作を起こす人もいます。この点が「単なる嗜好の問題」とは言えないところの難しさです。大学には未成年の学生もいます。大学側には全ての方に健康なキャンパスライフを保障する責任があるわけです。その責任からすると、喫煙者を採用しないことで憲法違反の判決は出にくいように思うと指摘しています。さらに、個人的には、喫煙権の問題は、人権そのものというよりも、個人的な嗜好であり、個人生活上の利益として存在している。喫煙者を採用しないという問題も、大学の裁量権の問題であり、裁量権の逸脱や濫用がなければ違法にならないのではとまとめています。
 5月31日は「世界禁煙デー」でした。WHOが世界の人々の健康のために禁煙を推進するために設けた日だそうです。何はともあれ喫煙者を取り巻く環境は厳しくなっているのは間違いない。喫煙者のなかでも特に、小さなお子さんがいる親御さんはこの際禁煙してみてはいかがですか。

(めだかの里)

「令和」幕開け(№345)

 5月1日、新しい天皇陛下が即位され、令和の時代が始まりました。
 ついこの間、「平成」になったと思ったのに、あれから31年。皆さんも、「令和」「平成」と、二つ、あるいは「昭和」と三つ、ひょっとしたら「大正」と四つの時代を生きることになるわけで。
 近代以降の改元は天皇の崩御とほぼ同じで、平成改元の重苦しい雰囲気はいまでも目に浮かびます。しかし、今回は譲位というご存命のままの代替わりであること、先立って公表された新元号「令和」が国民に思いのほか早く受け入れられたこと、前代未聞の10連休となったゴールデンウイーク中の御代替わりとあって、改元という時代の節目に向け祝賀ムードで大いに盛り上がりを見せました。
 1日、平成時代は大災害や不況、社会の分断が目立ったため、改元ですべてをリセットして大きく変えて欲しいという期待から新時代の訪れを喜ぶ華やかなムードに日本中が包まれました。
 7日、令和初の東京株式市場、「ご祝儀相場」はならず関係者にはがっかりでした。そして、あのお祭り騒ぎのような熱気はどこへ、と思うほど街は落ち着きを取り戻しました。
 さて、この国の将来にはどんなことが待ち受けているのでしょうか。少子高齢化一つとっても抜き差しならない問題を孕んでいます。2025年問題然り、2040年問題然り。私のような団塊世代には辛い世の中になりそうです。昭和や平成に育った次代を担う若者たちが新時代を切り開き、輝かしい未来をつくり上げてくれることを願わずにはいられません。
 「令和」は一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いが込められています。手話では「蕾が花開く」という意味の手の形を、身体の前方に伸ばす動きで「令和」を表現します。「未来へ向けて花を咲かせる」との明るい展望を込めた表現だそうです。
 皆さんそれぞれの思いのこもった蕾が大きく花開く時代になってほしいものですね。

(豆助)

蓋し名言!の2題は、いかが?(№344)

 先日、シアトル・マリナーズのイチロー選手が現役引退を表明しましたが、「イチローが打った日は、お父さん、機嫌がいいね」と妻から揶揄される位のファンであった自分にとっては、一つの時代が終わったな、という想いです。そこで今回は彼に纏わる名言を一つ、ご紹介します。あれは彼が渡米してから6、7年目位ではなかったか、と思いますが、年間最多安打のメジャー記録も達成し、着々と実績を積み重ねていたイチローが、確か20打席くらいノーヒットが続いた後のエンゼルス戦で、突然、3安打かそこらのマルチヒットを打った時でした。試合後のインタビューで、イチローに打たれた感想を記者から聞かれたマイク・ソーシア監督が、こう答えました。
 「君、世の中には決まってることというのがあるんだよ。人は死ぬ。イチローは打つ。」
 私、唸りましたね。この記事、確かUSA Todayという米国の全国紙に載っていたと思うのですが、以降、しばらくはこの全国紙の記事に眼を通すのが楽しみでした。
 もうひとつ。私はここ数年、旧い映画を、特に海外ものを観ているのですが、その中に「お熱いのがお好き」というのがありました。本作は2000年に全米映画協会が選ぶコメディー映画ベスト100で第1位に輝いた名作で、一般には主演のマリリン・モンローが有名ですが、実は、知る人ぞ知る、という最後のシーンがあるのです。その場面はこうです。
 1920年代のシカゴ、食うに困った2人の芸人が女装して女性ばかりの劇団に紛れ込み、遠征に繰り出します。うちの一人、ジャック・レモンがマイアミのショウで、やもめ暮らしの大金持ちに一目ぼれされます。小柄な初老の大富豪から求婚されて、

 レモン「ほんとのこと話すわ。私たち結婚できないの」 →大富豪「なぜだい?」
 レモン「あたし、ほんとは金髪じゃないの」 →大富豪「気にしないよ」
 レモン「あたしには醜い過去があるの」 →大富豪「許すよ」
 レモン「あたし、子供を産めないの」 →大富豪「養子をとればいいさ」
 レモン「わからない人ね。俺、男なんだよ」 →大富豪「Well, nobody's perfect.」

 最後だけ英語にしましたが、これも「えっ」という感じ!忘れられない一言です。

(JF)

元号改正年に臨んで(№343)

 はて?何をテーマにしようか?と悩んだ末、今年の10大ニュースにきっとなるに違いない「元号改正」にしようと決めた。
 元号について調べてみますと、江戸時代までは、政変・天変地異・疫病などで社会秩序や人心が乱れた時、天皇が世を一新する希望を込めて元号を改正したという。飛鳥時代・大化の改新(645年)の「大化」が1番目で、現在の「平成」は247番目らしい。南北朝時代には、天皇家が両立して2つの元号が並立したので二重カウントになっている。(信じがたいが、中学時代に歴代天皇と元号をすべて暗誦できる博覧強記に出会った。彼には運動以外何事にも敵わなかった思い出がある。)
 最も短い元号は、鎌倉時代の四条天皇治世の「暦仁(りゃくにん)」である。相次ぐ天災による元号改正で、わずか2ヶ月14日で終わった。このとき救済を祈願して鎌倉大仏も創建されたとか。元号最多改正記録保持者は室町時代の後花園天皇である。かなり政情が不安定だったのでしょう、治世36年間に9回元号改正している。彼の在位晩期には応仁の乱が勃発しております。一方、長期間の元号は1位「昭和」64年、2位「明治」45年、3位「応永」35年、4位「平成」31年である。最近の元号が長期であるのは、明治時代からは1天皇1元号とされたためですね。
 興味深いことに元号にあやかって創建されたお寺が散見されます。延暦寺(788年創建)、仁和寺(888年)、建仁寺(1202年)、建長寺(1253年)、明徳寺(伊豆、1391年)、寛永寺(1625年)などなど。元号が異なれば違う寺名になっていたかも・・・。
 私は、元号を挟んだ年数を計算するのが苦手で、全て西暦にすれば楽なのにと常日頃思っていたが、今回元号について調べてみて、元号が時代とともに生きてきたことを実感した。だから、元号をなくすのはもったいないな、あってもいいかなという気がしてきた。私にとって2度目となる今回の元号改正にはおまけがある。世間一般的には、空前絶後の10連休がもれなく付いてくるのだ。
 さて、皆様は新元号・10連休のどちらを楽しみにしておられるのでしょうか?

(古今)

電子カルテの使い方(№342)

 使わざるを得なくなったのでつらつらと負けおしみを言っておく。
 まだ日本に数百台しか業務用コンピューターがないころ、会社の指示で、数ヶ月電子計算機の夜学に通って勉強した。その結果、まだ会社に導入するのは早いという結論を報告した。その時は、結局そのコンピューターシステムは、全国的に不評で面目を施した。
 医療における電子カルテの出自は、基本的に、医事業務から発生した。それが、他の部門にも波及して、とうとう、医師や看護師のところに押し寄せてきた形である。基本的に、コンピューターシステムは精緻性(融通が利かない)を旨とする。その結果、曖昧な部分や判断を要する部分などは、すべて医師と看護師に押し付けるシステムである。これに対抗する手段として、マニュアルが存在するが、これが説明文にしか過ぎない。実はマニュアルとは3つの要素を持つべきものである。すなわち、①説明書、②フローチャート、③チェックリストである。日本のマニュアルたるものは、説明書にしか過ぎない。しかも電子カルテは医師や看護師の側から作っている訳ではない。今の電子カルテの決定的欠点は、3番目のチェック機能がないという点である。がん検査の結果の見落とし等、防止するのはシステム的にはごく簡単であるが、現在の電子カルテにはそれがない。最終的に医師がすべてのデータを見て、対応すべきであるという代物である。40人以上の入院患者の定期検査をすべて医師が診る。以前は紙媒体が目の前に届けられ、検査する人も、看護師も診てくれていた。これからは、医師は検査結果に関し、いつ出てくるかも管理しなければならない。看護師に見る義務はないわけであるから、もう助けてもらうわけにはいかない。といってソフトメーカーが悪いわけではない。ただ、全国の医師が一人当たり2万円も出してソフトを作ればいいだけの話であるのが悔しいところである。
 文句を言って少しすっきりした。機械如きに負けるつもりはない。

(アナクロ)

» 続きを読む