リレー・エッセー「ナウ・レッツ・ビギン」

Now, let's begin!

仁生会の幹部が毎月リレー投稿しているエッセーです。

ナウ・レッツ・ビギン一覧

信じる?・信じない?(№366)

 紅葉の時期、京都の東福寺を訪ねたことがあります。臨済宗東福寺派大本山の東福寺は、鎌倉時代の建長7年(1255年)に完成し、禅寺の日本最古である「三門」、日本最大の「禅堂」、そして東福寺三名橋「偃月橋」「臥雲橋」「通天橋」など、国宝や重要文化財に指定されています。「東福寺の七不思議伝」も興味深く、紅葉以外でも見どころ多きお寺です。
 その日は、運よく住職さんから直接お話を聞くことができました。皆さんは知っていましたか?「干支の1年の始まりは1月1日ではないこと」「お寺には干支があり、自分の干支が祭られているお寺を先にお参りしないとご利益がないこと」「お参りの際に頼みごとをする時は、必ず自分の住所氏名を名乗ってからすること(仏神様にはどこの誰かわからないからだそうです)」「暦注の六曜は、何の根拠もないこと」、私は全くの無知でした。私はどちらかというと、仏神を信じるタイプではなかったのですが、歳でしょうかね?! 最近気になりだしました。特に自分が死んだらどうなるのだろうかと? 時々考えるようになりました。真実は誰も知らない世界だから、ここは仏教に教わるしかないですね。
 では、仏教でいうあの世(死後)とはどんな世界でしょうか? 生ある者は必ず死に帰すといわれるように、死は100%確実な未来です。死んだら「冥土の旅」ともいわれる「死出の旅」へ出発して、約800里の遠い道のりを独り寂しく歩いて、やがて見えてくる三途の川を渡らなければなりません。生前の罪の重さで、橋を渡れる人、そして歩いて渡らなければならない人に分かれ、渡し賃の六文(今は600円?)を払うと船に乗せてもらえるかもしれないけど、お金を持って死ぬ人は珍しいから、ほとんどは歩いて渡ることを覚悟しないといけない。私は、お棺に600円(いや、値上がりするかもしれないので、1,000円位かな)入れてもらうよう、今から子どもに伝えておきたい。
 あの世は、浄土と地獄があり、生前に1匹でも生き物を殺したことがあると地獄行きになります。それを審判するのが閻魔大王法廷、そこにある浄瑠璃の鏡で生前の行いが全部映し出されて、殺生罪となり地獄行きになります。また、親の大恩は山より高く海より深いとされ、親よりも先に死んだ子は、大恩ある親を悲しませたということで、地獄の奈落に落とされるのです。今からどう頑張っても極楽浄土には行けそうにもありません。「ああ、健康で長生きしたい!」
 「あなたは信じる?・信じない?」

(benefaction)

コロナ禍の日常(№365)

 令和3年1月7日、首都圏の1都3県に2度目の緊急事態宣言が発令されました。新型コロナウイルス感染症患者の増加に伴い、中等症、重症の患者の治療を担う医療従事者への負担、そして病床数の逼迫が大きな要因です。昨年4月の1度目の全都道府県への緊急事態宣言で、患者数が減少している時に、医療従事者および病床の確保対策を、国、県、医療従事者それぞれの立場でもう少し突っ込んだ話し合いをして具体策をとっていれば、医療崩壊の危機が起こるような状況は阻止できていたかもしれません。
 高知県も含めて医療崩壊の危機については、諸先生方がいろいろ対策を述べられているので、ここでは新型コロナウイルス感染症について現在までにわかっている基本的なことをおさらいします。発症から1週間程度は発熱や咳などの風邪症状が続き、そのまま治っていく患者が全体の80%程度とされます。味覚、嗅覚障害を伴っている場合もあります。20%の人は呼吸困難や咳などで、肺炎症状が悪化し、中等症、重症患者として入院対象になります。高齢者や糖尿病、高血圧、慢性腎臓病などの基礎疾患のある人、肥満の人、喫煙歴のある人、悪性腫瘍のある人、妊婦などが重症化しやすいといわれています。このため、感染しても80%の人が無症状か、もしくは風邪症状で治ってしまうため、「新型コロナウイルス感染症は季節性のインフルエンザよりもたいしたことない」という人もいます。しかし、基礎疾患のない若者でも急速に悪化することがあります。潜伏期間が長く、発症の2日前から感染源になる可能性があり、発症してウイルスを排出していても無症状のことが多いなど、インフルエンザ以上に厄介です。
 新型コロナウイルス感染症の合併症で、致死率との関連性が高いものに、肺塞栓症や脳梗塞などの血栓塞栓症があります。重症例において、特に血栓塞栓症との併発が多くみられます。治ったと思った後も、後遺症によってその後の生活にまで支障を来すことがあります。重症者だけではありません。若い世代でも、倦怠感や呼吸苦の症状のほか、関節痛、味覚・嗅覚障害、めまい、聴覚障害、なかには脱毛などの報告もあります。
 インフルエンザでのタミフルやイナビルのように、感染があったらすぐ投与すれば治るような特効薬はありません。今のところ飛沫感染や接触感染の予防には、手洗い、手指消毒を徹底し、マスク着用が有効です。ワクチンができ、治療薬が揃うまでは、3密を避け、会食を控え、個人個人が自分の行動を律するという「新しい生活様式」を継続するしかなさそうです。

(めだかの里)

ヘルスリテラシー(№364)

 師走の恒例行事「今年の漢字」、今年はぜひとも”冠(コロナ)”を推したい。
 昨年12月、中国で発生した新型コロナウイルスの流行は、瞬く間に拡大してパンデミック(世界的大流行)となり、多くの国々で健康、社会、経済に甚大な影響を及ぼしています。感染が拡大し始めた当初は、この新興感染症がどういうものか分からず、日本でも大変な不安と混乱に陥りました。マスコミは連日取り上げ報道が過熱、ネットやソーシャルメディア(SNS)では、科学的根拠のない予防法や偽情報を含むさまざま情報が飛び交いました。8月、「うがい薬でうがいをすれば感染を防げる」報道に日本医師会はヘルスリテラシーの重要性を指摘、「国民の皆さんは、世に出された情報に飛びつくのではなく、一度立ち止まって冷静に情報を吟味してから次の行動に移って欲しい」と報道関係者と国民に冷静な対応を呼びかけました。
 この「ヘルスリテラシー」という言葉、わが国が長寿時代を迎えて健康への関心が高まる中、2015年に厚生労働省が発表した「保健医療2035」に初めて登場しました。その意味するところは、日本医師会のお叱りのとおり。正しい健康情報を選び取り、意志決定をして、自らの健康を維持、向上させる能力をいいます。コロナ禍の今、自らを守るために必要な健康力ともいえます。
 12月、日本列島はコロナ第3波の猛威に見舞われ、高知でも患者が急増しています。新聞やテレビは医療提供体制の危機を伝え、国民一人ひとりが日々の情報に注視し、節度ある行動をとるよう訴えています。やっと、英国で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が始まりましたが、私たちが恩恵を受けるのはもう少し先の話。今できる唯一の感染抑止策は、以前から言われている「マスク着用」や「3密対策」などを取り入れた「新しい生活様式」の徹底であることに変わりはありません。それにしても、新型コロナの治療に一つ明かりが点ったことは本当に嬉しい限りです。
 来年は丑年、もーもーもーっといい年が来ますように、心よりお祈り申し上げます。
 (12月10日現在の新型コロナウイルス感染者数 世界6,935万人、日本17万2337人、高知県301人)

(豆助)

マイ将棋ブーム(№363)

 3月以降はコロナ自粛で、休日も自宅で過ごすことがほとんどであった。鬱々とした生活が続く中で楽しみをもらったのは、藤井聡太棋士の活躍だった。自分は元々将棋ファンではない。小学生時にルールを覚えたが、せいぜい暇なときに友達と将棋を指す程度であった。その程度の素人であるが、高校生棋士の物凄い快進撃に驚き、痛快であった。藤井聡太がちょっとだけ息子に似ていることもあったかもしれない(笑)。
 ネットTVの将棋チャンネルで棋戦をみたが、AIの形勢評価が取り入れられている。次の予想手が5、6手ほど示される。どの手を指すかによって形勢評価がどれだけ下がるかも併記されている。最善手以外を選択したら90対10が10対90に一手で逆転されることがある。どう指すのか一手一手に緊張感を味わえ、綱渡りのように最善手を連続して指し続けるプロ棋士の凄さを思い知った。
 将棋関連のネット記事も読んだ。その棋戦の評価、AI超えといわれる驚きの一手の解説、さらには棋士のひととなりに迫るものなどであった。
 将棋の雑学におもしろいものがあった。将棋に詳しい方ならご存じかもしれない。最高級の将棋盤の目盛りは、太刀盛りと言って、日本刀を使って目盛りを作るそうである。刃を丸めた日本刀の刃に漆を付けて斬るようにして漆を盛り付けていく。高度な熟練した技術を必要とされる。
 高級将棋盤は脚がついている美しい形をしているが、これは梔子(クチナシ)の実をかたどって彫られている。対局中は他言無用、口を出すなとの戒めを「口無し」に掛けたものだ。
 脚付き将棋盤をひっくり返して裏側を見ると中央部にへこみがある。これは駒を盤に打ち付けたときに音が良くなるようにするためで、「音受け」と呼ばれる。別名「血溜まり」とも言い、対局中に口出しした第三者の首をはねて、盤を逆さにして首をそこにさらしたという逸話に由来しているという。
 インターネットで容易に情報が目に入ってくる。にわか将棋ファンのでき上がりである。

(観る将)

神無月に思うこと(№362)

 暦の上で10月は「神無月」です。古典の語義では、「神無月」=「神の月」という意味だそうです。ご存じのように、全国の八百万(やおよろず)の神々が、年に1回この時期に「神議(かむはかり)」なるものを催すため出雲に集合します。他の地域では神様が留守になるので「神無月」、出雲では神様がいるので「神在月」というのは民間俗説とのことです。
 例年、出雲大社では、神様を「お迎え」して、「神議を補佐」し、「お見送り」をするという「神迎祭」「神在祭」「神等去出(からさで)祭」の行事が行われます。今年の予定を調べると「11月24日~12月1日」となっています。11月?霜月?「神無月」「神在月」関係ないじゃん。どうなってんの?その訳は、出雲大社の古式ゆかしき行事はすべて旧暦で行われるからです。毎年旧暦の10月10日~17日に行われます。新暦でいうと11月になるのです。
 どうしてこんなにも月日がズレたのでしょうか?その理由は、旧暦(太陰太陽暦)から新暦(グレゴリオ暦)への改暦に失敗したからです。明治5年12月2日が旧暦最後の日で、新暦では翌日を明治5年12月3日とすべきところを明治6年1月1日としてしまった。その結果、新暦では約1か月分前倒しとなりズレが生じたのです。さらに、旧暦明治5年12月3日「師走」を新暦明治6年1月1日「睦月」としたため、和風月名までもが1か月ズレることになったのです。とても迷惑な話ですね。和風月名は、古来より四季・花鳥風月を愛でる日本人の心をよく表しているのに、それがズレるというのはとても残念ですね。令和の我々は、江戸時代の人とは異なる四季を感じているのかもしれませんね。
 ところで、八百万の神々はとても高貴な存在ですから、出雲訪問の仕方にも厳格な「しきたり」があるようです。神様たちは、出雲大社の西方1kmの「稲佐の浜」で神官たちに迎えられて、夜中に海から上陸し、徒歩で出雲大社「神楽殿」に集合します。その場で神官たちの奉仕を受けた後に「本殿」の東西に配置された「十九社」という宿舎に入るのです。そこに7日間寝泊まりをします。一方、「神議」は出雲大社西方950mに位置する出雲大社の摂社「上宮(かみのみや)」という小さな社で行います。議題は「人には予知できない人生諸般の諸事(縁結びや来年の収穫など)について」神議するとのことです。神様も人間臭い話をすることがあるのだと思うとちょっとおかしくて親近感が持てますね。
 私は出雲大社へ4回詣でたことがあり、訪問のたびに新しい発見をしております。皆さんもぜひ、古事記の故郷・出雲に行ってみませんか?きっと古代が偲べる良き体験ができると思いますよ。ちなみに、「神在祭」の期間に訪問すると「神在餅(じんざいもち)」即ち発音が訛って、今でいう「ぜんざい」が振る舞われるそうですよ。

(古今)

» 続きを読む