リレー・エッセー「ナウ・レッツ・ビギン」

Now, let's begin!

仁生会の幹部が毎月リレー投稿しているエッセーです。

ナウ・レッツ・ビギン一覧

どちら様ですか?(№360)

 昭和の話である。医学部卒業後母校に残った。中学、高校、大学の先輩が何人かいて、熱心に誘ってくださったのが大きかった。今と違って国家試験は3月で、合格発表は4月だったと記憶している。新入医局員は12名程だった。指導してくださる先輩医師1名に2~3名の新入医局員が割り当てられ、今でいうところの研修医生活が始まった。問診の仕方、理学所見の取り方など、学生実習でできていたつもりだったが、甘かった。6月頃になると先輩にくっついて入院患者を診るようになった。
 ある日、70歳過ぎの老紳士が入院してきた。かかりつけ医から教授への紹介で、特室への入院だった。病名は胃潰瘍。出血しているわけでもなく、貧血があるわけでもなく、元気な様子だった。妻らしき女性がいつもそばにいて、優しく寄り添っていた。血液検査、尿検査、内視鏡検査、胸部レントゲン写真所見などを先輩医師とともに説明する際にも必ず同席して熱心に聞いていた。教授回診の際には上品な和服姿で、丁寧にお辞儀をしていた。教授も、お辞儀をしていた。時々見舞客が来ていたが、皆さん品のよさそうな方々だった。ある日、先輩医師と回診に行くと、見知らぬ女性が立っていた。老紳士の妻だった。そう、それまで付き添っていた女性は愛人だとわかった瞬間だった。先輩医師と小生はその愛人に老紳士の病状を事細かく説明していたことになった。妻曰く。主人が入院していたことを私は知らなかった。私に連絡が来なかったのはなぜか。夫の病状を他人(愛人)に話してもよいのか等々。妻が教授に面談を求め、病棟医長、先輩と共に教授室へ呼びつけられた。関西出身で温厚な教授は、笑みを浮かべて「これから気を付けや。ええ勉強になったやろ」。教授室を出た病棟医長、先輩と顔を見つめあってほっとした。それ以来、患者さん以外に同席者がいる場合、必ずかける言葉がある。『どちら様ですか?』。

(ウクレレ狸)

素人の、素人による、素人のための仏さま  第二章(№359)

 久しぶりに仏さまのお話しです。今回は4つの階層に分けられる仏像のうち、如来、菩薩に次ぐランクの「明王」と「天」についてです。この2つは“悟り”を開いたかどうかで区別される如来と菩薩の世界とは一線を画しているように思われます。前に説明した仏像最高位の如来が「悟りを開いた人」で、信じるものを救う象徴のような存在のイメージ、次の位の菩薩が「悟りを目指して修行する人」で人々を救済したり悟りに至ることを手助けする存在とイメージするならば(各如来をサポートする2つの菩薩の組み合わせが決まっていることは既に述べました)、明王は仏の教えに従わない者を怒りの表情、姿をして煩悩を打ち砕き、悟りに導こうとするイメージ、最下層の天(天は空のことではなく神を意味する)は、仏教世界のガードマン的存在とイメージされます。明王・天ともに古代インドの神様を起源としていて(天は仏教へ再就職した神々との説明もみられる)、いずれにも座像と立像があります。
 明王は、密教と関わりが深く、その成立過程でインドの神々が取り込まれて誕生したようで、明王の代表として、密教の最高仏である大日如来の化身とされる不動明王(お不動さん)があり、その他に愛染明王、孔雀明王、大元帥明王などがあります。孔雀明王は、明王の中で唯一如来や菩薩のように美しく優美な顔をしています。
 天の神々は、仏教宇宙の須弥山(しゅみせん)という高い山の四方に住み、そこを守護しているとされる四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)や天部の王様として山頂に座す帝釈天や梵天(ぼんてん)の他、阿修羅、山門の両脇でにらみをきかしている仁王(=金剛力士)、鬼子母神、韋駄天(いだてん)、薬師如来を守護する十二神将、七福神に参加している大黒天(日本の大黒天は大国主命の姿)、弁財天(美や芸術、富を授ける)、毘沙門天(次の多聞天の別名、妻が吉祥天)などたくさんの仏が含まれます。なお、帝釈天や梵天は釈迦の修行中から付き添っており、奈良時代の如来像には両者が脇侍となっていることが多いとのこと。また、阿修羅は帝釈天に娘を強引に奪われており、帝釈天に何度も戦いを挑むも負け続け、今なお戦っているとされ、その凄惨な戦いが「修羅場」の名称の由来です。これら仏像の表情には明王のような共通の特徴がなく、多種多彩な表情をもっています。天は仏教世界の単なるガードマンにとどまらず、“神様”としての存在に対して人々から安産や、商売繁盛、衣食住の充足など現世利益を期待されているようです。
 これら仏像の中には、仏教がインドから中国を経て日本へ伝来する過程で本来の姿、性格から大きな変化を遂げているものも多くあります。このようにさまざまな仏像の名称、特徴を知ると、その一大“仏様ワールド” に驚嘆してしまいます。
 To be continued(次は仏教の歴史などについて)

(神仏習合)

新型コロナ、夏も感染力維持か? 第2波、第3波に警戒(№358)

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まり、緊急事態宣言が全面解除されました。ただ、医療の専門家は、ほとんどの人がウイルスへの免疫を持っていない現状では、今後「第2波」「第3波」が来る可能性が高いとみて警戒しています。
 東京など大都市の新規感染者は、減りはしたものの残っています。感染報告ゼロの日が続いて一足先に宣言が解除された地域も、水面下で感染が続いている恐れがあります。
 政府諮問委員会のメンバーの1人は、人と人の接触制限が緩めばすぐに拡大に転じる可能性があると分析し、「感染者数が増えるのが6月なのか、7月になるのかは分からない」と語っています。感染が医療機関や介護施設に広がれば、短期間に多くの患者が見つかって医療提供体制がひっぱくする事態につながるでしょう。
 新型コロナウイルスには、夏に感染力が弱まり冬に強まる「季節性」があるとの見方も存在します。しかし、米科学誌サイエンス5月号に、ほとんどの人が免疫を持たない状態では、季節による影響はあるとしても弱く、ウイルスは急拡大するとの論文が掲載されました。諮問委のメンバーは「夏にリスクが下がるとは思っていない」と話しています。
 大橋順・東京大准教授も、季節性は強くなさそうだと指摘しています。「夏にいったん収束する可能性もあるが、その場合でも海外からの感染者の入国などをきっかけに、冬に再流行する恐れが大きい」と分析しています。
 大橋准教授によると、流行規模を抑える対策を取る限り、人口の6割が感染して集団免疫が成立するまで10年かかる可能性があるそうです。有力なワクチンの開発にも時間を要しそうです。それまでは対策を緩めたり厳しくしたりを繰り返す生活を続ける必要がありそうです。

(makonda)

板垣退助と世界遺産(№357)

 板垣退助といえば「板垣死すとも自由は死せず」というあまりにも有名な言葉をすぐ連想し、自由民権運動を先導した人物ということで、現在の時代感覚でいうと何となく弁舌に長けた口先先行の文民政治家との印象を抱いていました。そういう認識が一変したのはかつて東北に旅した時に会津若松市に立ち寄り、野口英世記念館に次いで鶴ヶ城の博物館を見学した時でした。戊辰戦争における白虎隊に関する説明には、当時の官軍東山道方面軍の総督府参謀が土佐藩板垣退助とあり、会津城攻略のための進軍経路の中で、城の背後に位置し最も手薄な飯盛山付近の侵入口に目をつけて集中攻撃をかけ市街戦に持ち込んで城を攻略したとされています。それが結果的に白虎隊の悲劇につながったわけですから、高知県人は会津ではよく思われていないのではと危惧しましたが、やはり彼の真骨頂は戊辰戦争で見られたような侍の気概と戦略眼に特徴づけられる武士としての面目にあったように思われます。
 一昨年修復成った陽明門を見に訪れた日光東照宮の近くにも若い頃の洋装の板垣退助の銅像があり、彼の地でも崇敬の的になっていることを知りました。官軍司令官であった彼が、日光東照宮に立てこもった大鳥圭介(医師でもあった)率いる幕府軍に対して由緒ある社殿を戦いで破壊するに忍びないので、山を下りて決戦するよう説得したと伝えられます。幕府軍もこれに応じたために、日光東照宮は戦禍を免れ、彰義隊の戦い(上野戦争)で多くの伽藍を焼失した寛永寺とは対照的に、日本人のみならず海外からの観光客でにぎわう世界遺産となって今日にいたっており、感慨を新たにしました。

(一旅人)

オーディオの楽しみ「音は脳で聞く」(№356)

 音楽を聴くといえば、今どきはスマホからイヤホンで聞くということかもしれません。音源がレコードからCD、さらにハイレゾになっても、昭和世代の音楽愛好家は大型のスピーカーから大きな音で聴きたいという方も多いと思います。趣味のオーディオの目的は「良い音」で音楽を聴くことです。「良い音」とは「原音をいかに忠実に再生する」ことか、忠実度よりむしろ「聞き心地の良い再生音」なのかは論争が尽きないところです。
 私もオーディオを手頃なシステムで楽しんでいる一人です。雑誌やウエブサイトの記事などを見るのが楽しみで、スピーカーケーブルや電源タップ、壁コンセント等を交換したり、果てにはボタンのようなものを壁やプレーヤーに貼ったり、ケーブルにベルトを巻き付けたり、他人が見ればおかしなことをして、「高音の伸びが良くなった」、「低温の響きが良くなった」、「変わらん?」等と楽しんでおります。
 最近「オーディオの科学」というサイトに行き当たりました。開設者はご高齢ですが元大学教官で、専門は材料工学、磁性物理学。オーディオに関する疑問を多方面にわたって科学的に検討されています。「音は脳で聞く」という欄で、F.E.ブルーム著「脳の探検」によれば、耳に入った音は鼓膜を振動させ、その振動が内耳の蝸牛に伝わり、最終的には側頭葉にある聴覚皮質で音とした認識される。ただこの時、音の信号は、色々なパスや中継点に分かれて伝わり、視覚情報や過去の音の記録、言語野、知識野などにある情報と相互作用しながら聴覚皮質で統合され、音のイメージの形成や言語の認識が行われるそうです。オーディオシステムの良し悪しを議論する場合、普通はその物理的、電気的特性を問題にしますが、本当は、耳に入った音をそのまま聞いているわけでなく、ほかの情報、過去の経験などと照らし合わせるなどの脳内処理を経た後、最終的に音として認識されます。実際、「こんな良い音だった?」、「なんか音がこもっている?」など同じ装置で再生しているのに日によってかなり印象が違う時があります。
 かのジュリアス・シーザーの格言に「人は自分の見たいものしか見ない」というのがあります。目や耳から入る情報の全てが見えてる(聞こえる)わけではなく、自分に都合の良い状況、あるいはその人の経験や知識と論理的整合の取れた情報しか見ない(聞かない)という格言です。オーディオに限らず、シーザーの言うように人間の世界には「自分の見たいものしか見ない」ということは日常茶飯事にあるのではないでしょうか。

(だだんだん)

» 続きを読む