リレー・エッセー「ナウ・レッツ・ビギン」

Now, let's begin!

仁生会の幹部が毎月リレー投稿しているエッセーです。

ナウ・レッツ・ビギン一覧

昭和20年8月15日の追憶から令和に(№348)

 第2次世界大戦の終結は、私が10歳の夏のこと。母から日本が無条件降伏したことを半信半疑で兄と一緒に聞きました。その後、夜、電気がついて、その明るさに驚き、安らいだ気持ちになったことを思いだす。それまでは、電燈の傘に黒い布をかぶせ、光が外にもれないようにし、いつも薄暗い家の中で過ごしていました。また、戦時中、流行歌は軟弱な歌とされ、非国民と言われていました。そのため、歌うのは決まって軍歌でした。ラジオで「リンゴの唄」が流れるのを聴いたときには、「戦争は終わったのだ」と実感したものでした。食べ物は終戦後も食糧難が続きましたが、数年たつと、正月や神祭には銀飯、寿司、餅なども食べることができるようになり、この日が待ち遠しくなりました。私は、父の仕事の関係で、生糸会社の社宅に住んでいたことがあります。女工さんがたくさんいて、ある時、女工さんの食事を見たことがあります。丸麦とさつま芋の入ったご飯で、米粒は見あたらず、薄いみそ汁の中に白菜の入ったおかずでした。それでも「欲しがりません、勝つまでは」の合言葉で繭の糸を取っていました。
 沖縄がアメリカに占領され、いよいよ本土決戦、一億総玉砕が叫ばれていた頃、アメリカ、イギリス、中国の3か国の首脳が戦争の終結を日本にすすめるため、「ポツダム宣言」を提示するようにしていたのです。昭和20年7月26日、宣言を日本政府に提示されたが、日本政府は「宣言を黙殺する」と発表。8月6日広島に、9日長崎に原爆が投下され、その間8日にソ連が対日宣戦布告。日本は宣言を受諾し、15日には昭和天皇の「玉音放送」が日本の敗戦を伝え、第2次世界大戦は終結したのです。
 混乱時期を経て、日本は民主国家として驚異的な復興をし、「昭和」から「平成」そして「令和」と元号が変わり、74年の間、戦争のない平和が続いています。しかし、この年月は、戦争の恐ろしさを風化させてしまいつつあることは否めません。昨今の諸々問題となった言動や行動からもうかがい知ることができるでしょう。中心となって日本を担っている方たちのほとんどが戦後生まれとなった今、平和について、そして戦争の恐ろしさを正しく知ることからかけ離れつつある現実を危惧せずにはいられません。
 令和は、「よいこと、おだやか」という意味の元号です。世界が戦争や災害のない平和な日々であることを心から願います。
 それでは皆さん だんだんよ

(福井の隠居)

私とテニス(№347)

 「君はいったいこの大学に何しに来たんだ?」
 クリーム色の殺風景な壁に、ぎっしりと本が詰まった本棚に囲まれた部屋で、倉谷学部長は私に聞いた。いつもの通り、彼は背広にネクタイというフォーマルな服装であった。それに対し、当時かなり能天気で礼儀作法も知らなかった私は、ジャージ姿でその言葉を聞いていた。そして私は答えた。「はあ、テニスがうまくなりたくて来ました」。少し間をおいて、「そうか、それならもういい。行きなさい」と先生はおっしゃった。私は、その時の倉谷先生の気持ちに気づくこともなく、単純に「分かってくれたんだ」と思い部屋を出た。
 これは、1980年5月、私が大学3年生のときの話である。私はその年、初めて全国大会に出られることとなり、毎日練習に明け暮れていた。ところが、大会の時期が1学期の試験と完全に重なるという大問題に気がついた。これはいけないと思った私は、自分が受講していた講義を持つすべての先生に、試験を追試かレポートにしてくれるようお願いして回った。その活動を始めたある日のこと、掲示板に学部長から私へ呼び出しの張り紙があり、冒頭のやり取りとなった。結局、その時受講していた講義の半分以上の成績が「D」(不可の意味。1回これがつくとその年にその科目の単位は取れない)となり、私は危うく大学から除籍(退学とは異なり、大学にいた記録も抹消される)されそうになった。
 中学1年からテニスを始め、約50年経った今でもテニスを続けている。試合にも時々出ている。そして最近では、試合だけでは飽き足らず、母校の試合も頼まれてもいないのに見に行くようになった。息子にもよく「飽きないの?」と言われるのだが「飽きない」のだ。大昔に、自分でも何故続けるのか考えたことがあるのだが、多分これは治らない病気にかかったのだと思っている。
 私は社会人になって「生きるための技術」を仕事から得たが、「生きる上での哲学」はそのほとんどをテニスから学んだ、と思う。
 ちなみに冒頭のやり取り、そしてそれに続いて自分に起こったことから得た教訓は、「なにかに熱中すると、他の何かを捨てることになる」である。

(積善会社長)

喫煙者は不採用になる時代がきています!(№346)

 受動喫煙対策を徹底する改正健康増進法が昨年7月に成立しました。これにより国や都道府県などが、受動喫煙防止の周知、啓発をはじめ、今年の7月1日から学校や病院、行政機関などの敷地内が全面禁煙になります。厚生労働省の基本的な考え方は、受動喫煙による健康被害が大きい子供、患者などに特に配慮した、「望まない受動喫煙」をなくすというものです。
 「望まない受動喫煙」をなくすだけでは手ぬるいと考えた大学が現れました。これからの内容はネット記事からの引用です。長崎大学は、禁煙対策の強化として、教職員の就業時間内の喫煙を禁止すると共に、今後の新規採用にあたり喫煙者を採用しない方針を示しました。教職員がタバコを吸って自分の健康を害するだけでなく、学生はやはり教員の背中を見ていて、教育の場としては、喫煙者は相応しくないと結論付けました。こうした基準を設置するのは、国立大学としては全国初の試みだそうです。この方針にはやはり賛否両論が沸き起こりました。「差別だ。人権侵害だ」という批判の声が上がる一方、「タバコは嗜好ではなく依存症を引き起こす」、「医療従事者を養成する大学として当然」という賛同の声も寄せられました。
 「タバコを吸う、吸わないは個人の嗜好であり、大学が踏み込む問題ではない」という反論に対して憲法の立場からある弁護士が語っていました。「喫煙権」は人権なのか。受動喫煙の問題と同時に、タバコを吸った後も30~45分間は喫煙者の息から有害物質が吐き出されることや、服やカーテンなどに残ったタバコ残留物から有害物質を吸い込んでしまう「三次喫煙」の問題も指摘されています。それが原因で喘息発作を起こす人もいます。この点が「単なる嗜好の問題」とは言えないところの難しさです。大学には未成年の学生もいます。大学側には全ての方に健康なキャンパスライフを保障する責任があるわけです。その責任からすると、喫煙者を採用しないことで憲法違反の判決は出にくいように思うと指摘しています。さらに、個人的には、喫煙権の問題は、人権そのものというよりも、個人的な嗜好であり、個人生活上の利益として存在している。喫煙者を採用しないという問題も、大学の裁量権の問題であり、裁量権の逸脱や濫用がなければ違法にならないのではとまとめています。
 5月31日は「世界禁煙デー」でした。WHOが世界の人々の健康のために禁煙を推進するために設けた日だそうです。何はともあれ喫煙者を取り巻く環境は厳しくなっているのは間違いない。喫煙者のなかでも特に、小さなお子さんがいる親御さんはこの際禁煙してみてはいかがですか。

(めだかの里)

「令和」幕開け(№345)

 5月1日、新しい天皇陛下が即位され、令和の時代が始まりました。
 ついこの間、「平成」になったと思ったのに、あれから31年。皆さんも、「令和」「平成」と、二つ、あるいは「昭和」と三つ、ひょっとしたら「大正」と四つの時代を生きることになるわけで。
 近代以降の改元は天皇の崩御とほぼ同じで、平成改元の重苦しい雰囲気はいまでも目に浮かびます。しかし、今回は譲位というご存命のままの代替わりであること、先立って公表された新元号「令和」が国民に思いのほか早く受け入れられたこと、前代未聞の10連休となったゴールデンウイーク中の御代替わりとあって、改元という時代の節目に向け祝賀ムードで大いに盛り上がりを見せました。
 1日、平成時代は大災害や不況、社会の分断が目立ったため、改元ですべてをリセットして大きく変えて欲しいという期待から新時代の訪れを喜ぶ華やかなムードに日本中が包まれました。
 7日、令和初の東京株式市場、「ご祝儀相場」はならず関係者にはがっかりでした。そして、あのお祭り騒ぎのような熱気はどこへ、と思うほど街は落ち着きを取り戻しました。
 さて、この国の将来にはどんなことが待ち受けているのでしょうか。少子高齢化一つとっても抜き差しならない問題を孕んでいます。2025年問題然り、2040年問題然り。私のような団塊世代には辛い世の中になりそうです。昭和や平成に育った次代を担う若者たちが新時代を切り開き、輝かしい未来をつくり上げてくれることを願わずにはいられません。
 「令和」は一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いが込められています。手話では「蕾が花開く」という意味の手の形を、身体の前方に伸ばす動きで「令和」を表現します。「未来へ向けて花を咲かせる」との明るい展望を込めた表現だそうです。
 皆さんそれぞれの思いのこもった蕾が大きく花開く時代になってほしいものですね。

(豆助)

蓋し名言!の2題は、いかが?(№344)

 先日、シアトル・マリナーズのイチロー選手が現役引退を表明しましたが、「イチローが打った日は、お父さん、機嫌がいいね」と妻から揶揄される位のファンであった自分にとっては、一つの時代が終わったな、という想いです。そこで今回は彼に纏わる名言を一つ、ご紹介します。あれは彼が渡米してから6、7年目位ではなかったか、と思いますが、年間最多安打のメジャー記録も達成し、着々と実績を積み重ねていたイチローが、確か20打席くらいノーヒットが続いた後のエンゼルス戦で、突然、3安打かそこらのマルチヒットを打った時でした。試合後のインタビューで、イチローに打たれた感想を記者から聞かれたマイク・ソーシア監督が、こう答えました。
 「君、世の中には決まってることというのがあるんだよ。人は死ぬ。イチローは打つ。」
 私、唸りましたね。この記事、確かUSA Todayという米国の全国紙に載っていたと思うのですが、以降、しばらくはこの全国紙の記事に眼を通すのが楽しみでした。
 もうひとつ。私はここ数年、旧い映画を、特に海外ものを観ているのですが、その中に「お熱いのがお好き」というのがありました。本作は2000年に全米映画協会が選ぶコメディー映画ベスト100で第1位に輝いた名作で、一般には主演のマリリン・モンローが有名ですが、実は、知る人ぞ知る、という最後のシーンがあるのです。その場面はこうです。
 1920年代のシカゴ、食うに困った2人の芸人が女装して女性ばかりの劇団に紛れ込み、遠征に繰り出します。うちの一人、ジャック・レモンがマイアミのショウで、やもめ暮らしの大金持ちに一目ぼれされます。小柄な初老の大富豪から求婚されて、

 レモン「ほんとのこと話すわ。私たち結婚できないの」 →大富豪「なぜだい?」
 レモン「あたし、ほんとは金髪じゃないの」 →大富豪「気にしないよ」
 レモン「あたしには醜い過去があるの」 →大富豪「許すよ」
 レモン「あたし、子供を産めないの」 →大富豪「養子をとればいいさ」
 レモン「わからない人ね。俺、男なんだよ」 →大富豪「Well, nobody's perfect.」

 最後だけ英語にしましたが、これも「えっ」という感じ!忘れられない一言です。

(JF)

» 続きを読む