リレー・エッセー「ナウ・レッツ・ビギン」

Now, let's begin!

仁生会の幹部が毎月リレー投稿しているエッセーです。

ナウ・レッツ・ビギン一覧

蜂の勘違い(№371)

 若葉茂る今年の4月のことです。家の裏の津波避難路周辺の草むらを、長刀のように柄の長いカマで刈っていました。しばらくすると、「ブーン!」という威嚇の音が耳元で聞こえました。見ると一匹の蜂でした。なおも草刈りを続けていると、私の目の前で、ヘリコプターのように、じっとホバリングして離れません。まるで「もうこれ以上は巣に近づかないで」と言っているようでした。仕方なく、私は「はい、分かりました」と言って、その場から退きました。蜂が近づいてきても、何もしない人を刺すことはないと言われていますし、私もそのとおりだと思います。なのに私は去年も、3年前にも蜂に刺されました。それも蜂の勘違いのために。
 去年は、家の裏の小さな畑で、足元の野菜を見ながら、自分の左前にあった竹の支柱を、何気なく、よそ見しながら、つかもうとしたときのことでした。左手の小指に「チクリ!」ときたので、何かに刺されたかも、と思った次の瞬間「ズキン!」という強い痛みが走りました。3年前に刺されたときの痛みがよみがえってきて、この痛み方は蜂だな、と思いました。私は足元の野菜に気を取られて、竹の近くにいたか、竹に止まっていた蜂の存在に気がついていなかったようです。
 3年前に刺されたのも同じ畑で、細長い棒状の角材を両手でつかんで、置き場所を替えていたときです。蜂が近づいてきたのは知ってましたが、角材を両手でつかんだ状態で急にくるりと方向転換をしたのがよくなかったようです。近くにいた蜂は、角材で叩かれると勘違いしたのではないかと思います。そのときは左腕を刺されました。自称「昆虫大好き人間」である私を何で刺すのかと思いますが、蜂には蜂の都合があるようです。
 刺されたときには、家の近くの病院に駆け込みます。すると女医さんと看護師さんが患部を思い切りつまんで毒を絞り出してくれます。そのおかげで、翌朝は患部が赤く大きくパンパンに腫れあがることはありません。少しは腫れますが。
 人を刺す蜂は、数多くいる蜂の種類の中の、ほんの一部のようです。スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなど集団で生活をしている蜂が刺すようです。春の蜂は巣作りで忙しく、人が指で触ったり、足で踏んだりしない限りは刺されないと聞きます。ところが、夏から秋にかけては、巣が大きくなり、蜂の家族が増えてきます。そうなると危険になるようです。つまり、蜂は巣を壊されたりするのを防ごうとして人を刺すようです。そのため、蜂の巣を見かけても、あまり近づかないで、静かに通り過ぎるのがいいようです。人を刺さない蜂や、植物の受粉を手助けしてくれる蜂もいます。私たちもむやみに蜂を殺すことなく、蜂と仲良く暮らすようにしたいものです。
 ご参考までに、ネットで調べた「蜂に刺されたときの応急処置」です。
・蜂の針が残っているときは、そっと抜く。
・蜂に刺された部分を流水で洗い流す。
・患部を氷や冷湿布などで冷やす。
・応急処置をしながら様子を見て、必要であれば病院で治療を受ける。じんましん、めまいなどアナフィラキシー症状が出たら救急車を呼んでください。

(エイト・ビート)

七五三の法則(№370)

 コロナ禍の状況下、2度目の梅雨期を迎えますが、体調はOKでしょうか? 南海上に梅雨前線が停滞し、これから7月上旬ごろまで鬱陶しい日々が続きますが「三蜜」を避け、お互い忍耐強く自分磨きに注力するのもいいかもしれませんね。
 さて、今回は、梅雨前線からの距離の遠近で、お天気がどうなるのか?「七五三の法則」について、ナウ・レッツ・ビギンとまいりましょうか。
 梅雨前線から観測地点までの距離が
  300キロ以内:雨降り
  500キロ以内:どん曇り
  700キロ以内:薄曇り 
  700キロ以上:晴れ
 以上の4区分の目安が「七五三の法則」と呼ばれているようです。お暇な時間に新聞の天気図等でチェックしてみては? なお、距離の基準・目安としては、北緯40度線と30度線のライン間、地図上の東西の横線で、九州から東北地方までが、この範囲、南北約1,110キロ(緯度差10度)の範囲内にあります。したがって、例えば、梅雨前線が、北緯30度線上にあれば、緯度差より鹿児島までの距離は、222キロ、高知までは396キロ、東京までは633キロ、秋田までは1,081キロ(脚注参照)となります。梅雨前線から観測地点までの距離を、この法則に当てはめると・・・鹿児島は「雨降り」、高知は「どん曇り」、東京は「薄曇り」、秋田は「晴れ」・・・ということになります。梅雨期約1か月間の、お出掛けの参考になりますね!
 蛇足となりますが・・・梅雨時は、山では風が強く、前線の雲がかかって視界が悪い。特に、最近では、地球温暖化の影響か、経験したことがないような大雨が降る可能性があります。登山の際は、低山といえども重々気を付けてくださいね。
 勇気を出して第一歩を踏み出そう!
           曲がり角の先に
         きっと良い事があることを信じて。
      それでは、いつか又の機会に   ヘイヘイホー
(与作)

注)例示の北緯30度線からの距離算定は、観測地点の緯度をパソコンで調べ、これとの緯度差、1度当り@111キロ、1分当り@1.9キロを乗じて算定しました。
  参考① 赤道から北極点までの距離 1万キロ÷90度=@111キロ
  参考② 前線の位置と観測地点の緯度差
      鹿児島2度00 分、 高知3度33分、東京 5度41分、秋田9度43分

出口治明氏の「最後の講義」を聞いて(№369)

 コロナ禍の中、今年のGWはほぼ家に引きこもっていた。
 数年前から、高校の同期7名とグループLINE「ももの会」をスタートし、日頃の出来事やちょっとした情報を交換し合っている。名称は、もちろん、山口百恵から取ったものである。
 GW中に神奈川県に住むN君から「NHKの最後の講義(出口治明)を見て、いたく感動した。YouTubeでも見れるよ。」とのLINEがあった。暇にまかせて、早々視聴した。講義は、オンライン。スクリーンには、20~30代の若者を中心に大勢の受講生が食い入るように参加している。外国の人も多い。氏は語り掛ける。

「モチベーションはあきらめから生まれる」
 大阪なおみのようなずば抜けた才能の持ち主はそうそういない。人間の90%以上は、やりたいことが見つからないまま死んでいる。だから、迷うのは当たり前。やりたいことや好きなことが見つからなくても焦ることはない。一生かけて見つければいい。

「人生は川の流れに流れて行くもの」
 人生は、そうしたものである。その流れついたところで一生懸命頑張ればいい。そうすれば、きっと、面白いものが見つかる。

「縦・横・データ」
 縦は歴史である。横は世界である。そしてデータ(数字)。この3つでアイデアを探れ。

「愛読書はダーウィン」
 生き延びるのは強い者ではない。“運と適応力”のある者である。偶然の出会いと出来事に適応して生き残る。そのためには、まず“イエス”という気持ちを持て。

(出口治明氏のプロフィール)
 出口氏は、三重県出身の73歳。京都大学法学部卒業後日本生命に入社。58歳で退社し、ライフネット生命を創設。その後、2017年(69歳)に同社の取締役を退任。2018年に立命館アジア太平洋大学第4代学長に就任。世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる。著書多数。歴史や宗教、哲学にも造詣が深い。

 講義終了後の受講生の目が何と輝いていることか。私も一緒に引き込まれてしまった。それにしても、こんな講義がいつでも無料で聴講できるとは、凄い時代になったな~。そして、高校時代の同期は、いつまでも有難いものだな~。
 コロナ禍でのGW。私にとっての贈り物であった。

(哀愁ボーイ)

人を残すということ(№368)

金を残して死ぬのが下
事業を残して死ぬのが中
人を残して死ぬのが上

 江戸末期から昭和初期にかけて活躍した医師、政治家である後藤新平の言葉です。台湾総督府民政長官として台湾の近代化に尽力したり、帝都復興院総裁として関東大震災後の東京都市計画を立案し遂行したり、功績には枚挙にいとまがありません。また、後藤新平はたくさんの名言を残しており、東京都の小池百合子知事がよく彼の言葉を引用して演説をしています。
 冒頭の言葉は、後世にお金を残すより事業を発展させること、事業を発展させることより優秀な人材を育てることこそが最も尊いことであるという意味です。人材こそ最も大切であるという自然の摂理を表す言葉で納得してしまいます。
 私の若かりし頃は、良き師に恵まれ、自分のスキルを上げていくことしか考えられませんでした。管理する側になって初めて、売り上げ、業績、スタッフのことを考え始め、5年前の師の急逝が考え方の転機になりました。師の代わりにという思いで、学んだ技術を継承、発展させるため県外や国外に赴き、後進の指導に力を入れてきました。そして本年、教育を目的とする非営利団体の中で私の取り組みを広める機会を得ました。ここでは、『人を遺すのが上である』という言葉をKey wordに専門領域の指導に当たります。
 社会医療法人仁生会でいうと、仁生会の経営状態を上向かすのが下、仁生会を継続して次世代に残すのが中、仁生会を発展させていく人材を育てるのが上といったところでしょうか。どれもすべて重要ですが、やはり何よりも人材が一番大切だと感じます。目まぐるしく変わっていく医療業界の中で、常に患者さんや職員の皆さんのニーズを正しく捉えながら変化を起こしていくのは、お金でも組織でもなく人だからです。
 皆さんは、この後藤新平の言葉にどのような思いを持つでしょう。立場によって捉え方は千差万別ですが、今一度、『人を育てる』、『人を残す』ことについて考えてみませんか。

(狗巻棘)

故郷、高知の未来(№367)

 昭和30年代に誕生した赤ちゃんは、全国で年間約270万人以上もいたのに、一昨年は、わずか86万人に激減している。わが愛する高知県の人口も、昨年、69万人台にまで落ち込んだ。最大時は84万人程の人口を誇った昔もあったのに・・・。今の県都の高知市は、それでも人口30万人を保っている。高知市の隣の南国市、いの町、土佐市を合わせると約39万人、県人口の約60%の県民が高知市周辺で生活している。しかし、一昨年、高知県内で生まれた赤ちゃんは5千人未満であり、70年ほど前と比べると5分の1以下である。反対に、年間死亡数と転出転入者を差し引くと、毎年8千人程の人口自然減少が続いている。平均寿命は、40歳代、50歳代の死亡率が全国平均よりも高いのが問題だった。70歳代、80歳代、90歳代とだんだん寿命が延びて、100歳以上は全国2位である。
 厚生労働省、経済産業省、総務省の統計データをまとめて一冊の本にした、河合雅司の「未来の地図帳」によると、2045年、今から25年後には、高知県民はわずか49万人台まで減少して、全国最少の県になる。しかし、高知市周辺の人口は減少しない。高知市と周辺に39万人、残りの広大な高知県内にわずか10万人余りが生活する事態となる。人口が少ないと、公共施設が減少し、暮らしにくくなるといわれている。全国的にも、大都市や各県の県庁所在地周辺に人口が集まるようになり、都市への一極集中が顕著になるようだ。
 今、高知市のマンションの新築は完売だそうだ。地方に住む高齢者が、いざというときに移り住むためらしい。子どもたちは、故郷、高知へ帰りたがらないし、一人暮らしになったときにコンビニやスーパー、病院、市役所や県庁に近い、老後の生活に便利な場所で、老後を過ごしたいと考えられているようだ。25年後の高知で生活される皆さんには、ぜひともよくお考えになっていただきたい。

(アラジンのランプ)

» 続きを読む