リレー・エッセー「ナウ・レッツ・ビギン」

Now, let's begin!

仁生会の幹部が毎月リレー投稿しているエッセーです。

ナウ・レッツ・ビギン一覧

四国一周JRの旅(№353)

 10月の連休を利用して孫(小学1年の男の子)と、JRの途中下車自由の特急自由席が利用できる周遊券で1泊2日の四国一周をした。当日は快晴、高知発8時20分の南風で、いざ窪川駅を目指し、窪川駅発9時40分、宇和島駅着12時20分の予土線でホビートレイン(列車の前が新幹線を模して丸くなっている)に乗車した。予土線の列車では、その他に、しまんとトロッコ、海洋堂ホビートレインの予土線3兄弟がある。
 沿線には、打井川駅から6㎞にある海洋堂ホビー館、土佐大正駅周辺には栗焼酎ダバダ火振を作っている無手無冠、細木病院の医師が毎週診察に行っている大正診療所がある。
車窓からは、四万十川が良く見え景色は良かったが、残念ながら列車の乗客は、観光客数人、地元の老人、学生等で1両編成でも空席が目立った。
 JR四国は民営化以後、32年連続の赤字で、国が設けた経営安定基金の運用で赤字を埋めて運営されている。予土線は、100円の収入を得るために1,159円の費用がかかっているとの新聞報道があった。沿線人口の減少もあるので、観光列車の充実で外国からも観光客を誘致できる態勢ができることを願うばかりである。
 宇和島駅からは、アンパンマン列車に乗って松山に向かった。宇和島では、ほずみ亭の鯛めしを食べたかったが、残念ながら日曜日は休みであった。松山では松山城に行く途中の物産館で水道蛇口から出るみかんジュースが珍しく、大勢の観光客が写真を取っていた。その後、道後温泉では改修工事の影響もあり、20分待ってやっと入ることができ、レトロな雰囲気を味わうことができた。
 翌日は、特急石鎚で高松へ向かい、昼食にうどんを食べたが、本場のうどんはのど越しともちもち感が良かった。高松からは、特急うずしおで徳島へ向かい、徳島からは、特急つるぎで吉野川沿いに走っている徳島本線に初めて乗って池田経由で高知駅に到着し、あわただしくもあり、あっという間の楽しい列車の旅で、孫との距離が一段と近づいた。
皆さんも是非、ビールを飲みながらのJRの旅、行きませんか!

(お茶のみ)

思いやりの心を大切に♥(№352)

 お仕事お疲れ様です。令和元年も早やページを捲ろうとしています。平成最後の年の初めに当たって皆様が心に誓ったことは、達成できましたか。来年こそはと、心新たにされているかもしれません。忙しい毎日だからこそ、お互いに思いやることが、仕事でも家庭でも必須ですね。
 最近は、自然災害も想定外の大きさとなっています。私は助け合いの精神が、国民性として元々備わっているように感じていますし、報道でも感動させられています。世界では2025年までに水不足の影響を受ける人口の割合は1/2と推定されています。水不足、海面上昇、大気汚染と自然環境が崩れていっています。世界では空腹のまま眠りにつく人の数は8億人といわれています。1年間の自然災害も15%の増加率となっています。世界では、はしかで毎日245人が命を落としていますし、2分間に1人の割合で小児がんと診断される子供がいます。いじめの影響を受けている子供の割合は3人中に2人はいると報告されています。何ということでしょう。日本も含まれますので、よその国のことなどといっていられません。いじめは子供ばかりではありません。私たち大人がしっかりしなければと考えます。自分に何ができるのか、何をすればいいのか、身の回りの小さいことからでもご家族、ご友人の皆様で話し合って少しでも良い方向に舵が取れるといいなあと思います。
 皆様にとって、来る年が希望に満ちた穏やかな令和2年となりますように、お祈り致します。
 患者様のため、家族のため、世界の平和のために! 良き新年をお迎えください。

(ナズトラビ)

下手の横好き(№351)

 皆さん!こんにちは。お山大好き人間の「与作」です。
 さて、カエデやイチョウが赤や黄色に色づく季節となりましたが、今回は、秋の夜長に乗じて「下手の横好き」について・・・ナウ・レッツ・ビギンとまいりましょうか。

◎「下手の横好き」とは、趣味などを「下手なくせにいつまでも続けている」とか、「あまり上達もしないのに夢中になっている」という意味のことわざです。

◎由来と語源ですが、本来は、「本業(本筋)以外のことに熱心」という意味があります。しかし、現在では、「下手だけど好き」のように使われていますが、これは、あくまでも「本業以外の趣味」を指しているところがポイントのようです。

◎「横好き」の横(よこ)という漢字には、左右の方向を表す他に、「邪(よこしま)・不正」という意味があります。総じて、ものごとが「本筋を逸れる」ことを表わしているようです。

◎まとめとして、「下手の横好き」とは、もともと本業から横にそれたことがら(趣味など)を好むという意味であり、現在では、下手なのに熱中している人を揶揄する表現として使われています。然し、ここで注意すべきは、あくまでも「本業以外」というところです。例えば、料理の下手な主婦に対して、「下手の横好き」と云うことはありません。また、謙遜や自虐の言葉として使うことはあっても、下手な趣味を持つ他人に対しては使うべきものではありません。

◎蛇足 「下手の横好き」とは、ゴルフ歴50年余、いまだに下手を固めつつある「与作」の、「GOLFに対する情熱と取り組み実績」そのものであります。・・・できれば 来年あたり???「好きこそものの上手なれ」となりたいものです。

   勇気を出して第一歩を踏み出そう!
     曲がり角の先に
       きっと良い事があることを信じて。
     それでは、いつか又の機会に   ヘイヘイホー

(与作)

十善戒の勧め(№350)

 先日、京都のあるお寺に参拝したときのことである。参拝帰りに、リーフレットを頂戴し、帰りの電車の中で読んだ。それが「十善戒」である。私たちはいつも悩みや不安を抱いて生活している。それを少しでも取り除く、心を教えてくれている気がした。

①不殺生(ふせっしょう)
 むやみに生き物を傷つけない。あらゆる生物を尊重しよう。
②不偸盗(ふちゅうとう)
 盗まない。他人のものを尊重しよう。
③不邪淫(ふじゃいん)
 男女の道を乱さない。お互いを尊敬し合おう。
④不妄語(ふもうご)
 嘘をつかない。正直に話そう。
⑤不綺語(ふきご)
 無意味なおしゃべりはしない。良く考えて話そう。
⑥不悪口(ふあっく)
 粗暴な言葉を使わない。優しい言葉を使おう。
⑦不両舌(ふりょうぜつ)
 中傷しない。思いやりのある言葉を話そう。
⑧不慳貧(ふけんどん)
 ものに執着しない。惜しみなく施しをしよう。
⑨不瞋恚(ふしんに)
 怒らない。にこやかに、暮らそう。
⑩不邪見(ふじゃけん)
 間違った考え方をしない。正しく判断しよう。

 私自身も、全て行動に移すことはとても不可能だなあと思ったが、一つでも、二つでも実行して、少しでも、これらの教えに近づく努力をすれば、不安や不満な心にならないのかなあと思った。幸せで充実した生活なんて、そんなに簡単には手に入らない。悩みや不安が、少しでも和らいだ生活が送れればいいなあと、いつも感じている。
 反省はしても、後悔しない人生を送りたいなあ。

(アラジンのランプ)

チコちゃんに叱られたい!(№349)

 皆さんは、NHK総合テレビの「チコちゃんに叱られる」をご覧になっていますか?
 私は、この番組が大好きです。永遠の5歳チコちゃんが、普段は全く疑問に思っていない、それでいて極めて素朴な疑問にズバッと答える。
 “ えぇ~、本当に~”
 “なるほど~ ”
 “ チョー、スッキリした~”
 その爽快感が、たまりません。今回は、私が思わず膝を叩いてしまった選りすぐりの回答を、チコちゃんに成り代わりお届けします。

【Q1】なぜ男と女がいるの?
 男は、女にとっての保険だから~。
⇒地球最古の生命(微生物)が生まれたのは、およそ38億年前。性別は全てメスで、分裂することで世代交代していた。このメスがメスを産む仕組みは何と20億年近く続く。ところが、その頃、地球では気温がダイナミックに変化したり、酸素濃度が急上昇したりと、環境が激変する。こうした中、環境変化に対応できない生き物たちは絶滅の危機にさらされる。同じ生き物の中に、色々な体質を持った個体がいないと、その種は生き残れない。そこで、メスが生み出したのがオスである。オスは、体内に母親のメス遺伝子を持ったまま、他のメスと出会い子供を作る。この時、母親が受け継いできたメスの遺伝子と、父親が運んできたメスの遺伝子が混ざり、子供は、祖先とは違う遺伝子を持った個体となる。つまり、メスはオスを遺伝子の運び屋として使い、バラエティ豊かな性質を持った子孫を作る仕組みを作り出していったのである。ヒトの受精卵でも、最初は女性として成長を初め、受精7週目から男性となる胎児の体内でコルチコステロンというホルモンの命令で男性ホンモンが大量放出され、男性に作り替えられていく。うぅ~、オスは、メスの子孫繁栄のための保険だった。

【Q2】桜が同じタイミングで咲くのは、何故?
 1本の木から分身した同じ木だから~。
⇒日本で最も代表的な桜「ソメイヨシノ」は、最初の1本から分身をどんどん増やしていって、全国に広がった。つまり、日本全国の「ソメイヨシノ」は、全て同じ遺伝子を持つクローンなので、同じタイミングで咲く。江戸時代、成長が早い「オオシマザクラ」と丈夫で長生きな「エドヒガン」が交配され、その中で、極めて花が美しい奇跡の桜が出現した。それが「ソメイヨシノ」である。それがあまりにも美しかったため、どうにか後世に残そうと、接ぎ木され、全国に広まっていった。今では、百万本以上の「ソメイヨシノ」が植えられているという。

 “ ふ~ん、なるほど”
 “ へぇ~、そうなんだ~”

 世の中は、不思議に溢れている。
 ボーっと、生きている場合ではない。
 常日頃、ボーと生きている自分としては、一度、チコちゃんに、思いっきり叱られた~い!

※参考文献 NHK「チコちゃんに叱られる!」制作班(編)

(哀愁ボーイ)

» 続きを読む